Top > ブックマーク > 住宅ローン控除の条件とは?

住宅ローン控除の条件とは?

住宅ローン控除を利用するためには、幾つかの条件をクリアしなければなりません。

どんな条件であれば、住宅ローンが使えるのでしょうか。

住宅ローン控除が適用される住宅とは、登記簿の記録で床面積50平米以上でなければいけないと定められています。

また、住宅を購入してから半年以内に住み始めていること、控除を受けている間はそこに住んでいることです。

年収3,000万円以下の人のみが控除を適用できます。

購入した住居は建てられてから20年以内であること、マンションならば25年以内であることです。

住宅が建てられたのが、平成17年4月以降ならば耐震性の証明書が必要になりますが、住宅の築年数は特に問われません。

また、住宅ローンが10年以下の場合も対象外となります。

住宅を購入した年とその前後2年ずつの計5年間、居住用財産の買い替え特例を使っていると、住宅ローン控除を受けることができなくなってしまいます。

2009年に住宅ローン控除に関わる法律が改正されたことから、控除率が変更になっています。

住み始めた年が2009年か2010年の時、返済残高が5000万円より低いと控除の割合は1%です。

それ以後に住む場合は控除率は変わらず1%のままですが、上限金額は以降1年毎に1,000万円ずつ下がっていくという仕組みです。

 

えっ!彼氏ができないなんて有りえない!?

ブックマーク

関連エントリー
住宅ローン控除の条件とは?子供がなりたがる職業といえば?結婚相談所の無料利用小林尊さん釈放就職活動の面接対策天王洲銀河劇場で開幕玄米ダイエット円満退職のためにすべきことハローワークで求人を探す利点計算ミスでどんでもない税金を紅茶の収穫期太陽光発電はローンで設置できますアフリカ料理が今盛り上がっている働き盛りの近視は怖い今年はショパンイヤー
カテゴリー
リンク集
更新履歴
住宅ローン控除の条件とは?(2011年6月20日)
子供がなりたがる職業といえば?(2011年6月20日)
EMSダイエットで痩せる原理(2011年6月20日)
DVDで短期ダイエット(2011年6月20日)
効果的なダイエットの方法(2011年6月20日)